YOUR CART LOG IN HOW TO SHOP CONTACT SITEMAP
RSS
新規会員登録

STEVENSON OVERALL CO. x SUNSET CRAFTSMAN CO. Waxed Cotton Clutch Bag GRN- SSC3


STEVENSON OVERALL CO. x SUNSET CRAFTSMAN CO. Waxed Cotton Clutch Bag - SSC3

STEVENSON OVERALL CO. "2016 AUTUMN & WINTER"


Style:
岡山で一人の職人によって作られるバッグブランド「SUNSET CRAFTSMAN CO.」とのコラボレーションによるバッグ。全ての工程を一人の職人が手作業で作り上げるクラフト感のあるアイテムです。1920年代のカヌーバッグを参考にして製作しています。岡山製の帆布を後染めし、ワックス加工を施した生地をボディに使用しています。二枚の生地を貼り合わせ生地の端をパイピングで留めて繋ぎ合わせたシンプルなデザインですが、パイピングに継ぎ目を入れず縫製するために見た目以上に手の込んだ丁寧な仕様となっています。付属のレザーは兵庫県姫路市の「昭南皮革工業所」のフルベジタブルタンニンレザーを手染めしたハリのあるレザーを使用しています。フラップの中央にSOCのブラスプレートがワンポイントで打ち込まれています。

Fabric: Paraffin-Coated Canvas (Cotton 100%)
Size: One (W39.5cm x H29cm)


Style:
A collaborative waxed cotton clutch bag manufactured by “SUNSET CRAFTSMAN CO.”, a brand that produces items that are completely handmade by a single Okayama-based craftsman. The clutch bag was made using piece-dyed canvas from Okayama and a waxed cotton fabric body. The simple design features two pieces of fabric attached together with piping, which was stitched with no seams for a smooth texture. The attached leather part was made by Himeji-based brand, Shonan Hikaku Kogyosho, using hand-dyed full vegetable tanned leather. An SOC brass plate has been attached to the center of the flap for a unique design.

Color: Olive
Fabric: Paraffin-Coated Canvas (Cotton 100%)
Size: One (W39.5cm x H29cm)
made in Japan


商品の特性上、一点一点微妙なサイズの違い、表情の違いが御座います事を予めご了承ください。
サイズ計測はすべて平置きで計測されております。

STEVENSON OVERALL CO. x SUNSET CRAFTSMAN CO. Waxed Cotton Clutch Bag GRN- SSC3

販売期間:
2017年05月19日17時00分〜
2017年05月22日00時59分
price:
12,744円(税込)
価格:

12,744円 (税込)

購入数:

color

在庫

購入

Olive

販売期間外
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ




STEVENSON OVERALL CO. Fall & Winter 2016-2017

【STEVENSON OVERALL CO.】
(スティーブンソンオーバーオールズ)


Dr. DENIMの異名を持つ【HTC】の代表兼デザイナー Zip Stevenson と 多賀谷強守 の運命と言える一つの出会いからはじまったスティーブンソンオーバーオールズ。1930年代にアメリカ・インディアナ州に良質なワークウェアを生産していた小さな工場がありました。世界恐慌の煽りを受け閉鎖したこの工場のモノ作りに対するこだわりと存在を知り、経営者であった親族にも偶然にも会う機会がありました。そしてこの工場の名前とジップのラストネームが同名であったことから「STEVENSON OVERALL CO.」として新たに2005年にスタート。

ブランド創立時は二人が最も得意とするデニムパンツとベルトの製作から始めました。デニムパンツを作る上でどうしても再現したかったのが1920年代以前の縫製仕様である「一本針の折伏せ縫い」。決して合理的でないこの生産工程で定番として継続し続ける理由はブランド創立時から一貫している手作業による独特の味わいに対するこだわりにあります。

製作するアイテムは現在では忘れ去られたデザインやディテールワークなどヴィンテージクロージングから多くインスピレーションを受けていますが、「古くて新しい、モダンでありながら普遍的」という相反する要素を併せ持った現代の衣服として再構築しています。