「SNEAKERS」カテゴリーアーカイブ

VANS CLASSICS SLIP-ON クラシック スリッポン BLACK PYTHON

今年創業50周年を迎えるカリフォルニアの伝説的なスニーカーブランド「VANS」 から、上質なリアルレザーにパイソンスネーク柄を立体的に作り出した今季の傑作スリップオンが入荷!

これは High Quality!!!

(商品詳細ページ)
http://emptygarage.jp/SHOP/VANS024PYBK.html

IMG_1926

かなりリアル感のあるヘビ柄を本革に立体的に表現したパイソン柄。
IMG_1940

本物のヘビ革のスニーカーに10数万を使うのと比較すると、これほどリアル感のあるVANSスリップオンのコストパフォーマンスは破壊的なインパクトがある。ブラックスーツのセットアップなどモード感のあるスタイルからストリートスタイルまで幅広いスタイリングにマッチする1足。

インソールは「ULTRA CUSHION」という薄手ながらもしっかりとしたクッション性の高さに驚くほどの履き心地の良さ。内張もブラックレザーライニング仕様。
IMG_1962

バンズオリジナルのワッフルアウトソールとローフォルムなスリップオンの組み合わせ。
IMG_1967

(商品詳細ページ)
http://emptygarage.jp/SHOP/VANS024PYBK.html

 


この数年で破竹の勢いで成長を続ける今年創業50周年を迎えるVANSのビジネスストーリーも面白いのでぜひチェックしてみては??

ドン底から這い上がった靴メーカーVANS、復活の過程

 

毎年40億円の赤字を出した10年間1993年から2003年にかけては赤字続きで、年間3,000万ドル(約40億円)の損失を出していた。VANSはブランドが誤った方向にビジネスを拡大してしまった良い例だった。ドキュメンタリー映画制作からスケートボードパークまで手を広げたが、どれも同社の靴の売上アップには貢献しなかった。1982年の映画『初体験/リッジモント・ハイ』では俳優のショーン・ペンがチェック柄のVANSのスニーカーを履いたが、同社の栄光ははるか遠い昔の出来事になりつつあった。

VANSを傘下に収めたVFはVANSのビジネスに優先順位を付け、店舗数を増やし、マネージメントを強化した。2002年から2007年にVANSの店舗を運営していたBaileyは、ジーンズで有名なLucky Brand にしばらく出向していたが、2009年にVANSへ呼び戻された。彼は素早く新たな市場(米国東海岸やアジア地域)を開拓し、より軽量な靴や、東海岸の寒さと雨に配慮した暖かい靴をデザインするなど、製品ラインの見直しを行った。

創業49年のVANSは今年23億ドル(約2,800億円)の売上が見込まれる。これは昨年から約20億ドル(約2,500億円)の増加 (つづきは・・・・・http://forbesjapan.com/articles/detail/10628


 

FaceBook

★ Facebook 公式アカウントスタート! 「Facebook EMPTY GARAGE」
“いいね!”をクリック!

www.facebook.com/emptygarage

___________

LINE
★ LINE 公式アカウント スタート!
「@emptygarage」
スマートフォン、携帯電話の方はこちらより

http://line.naver.jp/ti/p/%40emptygarage

EMPTY GARAGE
TEL 092-551-0100
http://emptygarage.jp/