WEAR TO WARM vol.1「体を暖めてくれる洋服&ブーツの断熱材」

WEAR TO WARM 「体を暖めてくれる洋服&ブーツの断熱材」
WEAR TO WARM 「体を暖めてくれる洋服&ブーツの断熱材」を集めた商品カテゴリー

 

本格的な冬到来というシーズンになりました。特に北海道では積雪も凄いようですね。EMPTY GARAGEの店舗がある九州でも朝晩の冷え込みは厳しくなってきましたので、今週初めてコートを出動させました。

こちらです!軽い、暖かい、動き易い、撥水性が高い 四拍子揃っています。朝のウォーキングとストレッチ時にトラックパンツとTUBULARソールのadidasに合わせています。

『最高級のダウン・ベンチジャケット』をコンセプトに、膝あたりまで丈があるので、当然保温性が高く、ファッションユースのみならず通勤から現場作業、アウトドア、スポーツ観戦と幅広い用途に使用できる、最高級の素材を活かしたオーバーコートコーチジャケットになります。

ジャケットの製作は、日本の本格的ダウンシュラフ&ウェアファクトリー NANGA®社が手がけており、

プロの登山家も使用するほどの実績とハイクオリティーな製品を産み出しているファクトリーです。 本日からスペシャルプライスとなっております。

 

NANGA®社 x Finderskeepers と言えば、間もなく入荷する

「FK-PCU MONSTER PARKA 」

も要注目です。

 

イタリアの最高級ファブリックブランド「LORO PIANA ロロ・ピアーナ」

スーツ地や最高級ニットセーターとして世界トップブランドとして君臨するロロピアーナ。なかでも特にロロピアーナが得意とするカシミヤ混のウールチェスター地のコートもおすすめの逸品です。しかもスペシャルプライスにてラスト1点を販売中です。トロッとした肌触りと上品な光沢が逸品の証しです。

 

LORO PIANA STORM SYSTEM (防風・防水)

ウールなのに防風・防水!「ストームシステム®」は、革新的な加工により最高級のファブリックを防水性にできます。 超極薄のメンブレン(膜)を使用し、ファブリックに防水・防風性を与えながら肌の通気性を保ちます。 天然繊維の本来の柔らかさ、暖かさやエレガンスを保ったまま、全天候型ウェアを作ることに成功した革新的な加工です。

着心地も軽く柔らかい!ホースハイドを各所に使った力作です。

 

EMPTY GARAGE が作って欲しいと懇願した「ウール ワークトラウザーズ」

アメリカンカジュアルブランドはデニムが中心で、ウールパンツが少ない!と我々は常々思っておりました。冬期において、デニムパンツをはじめてとするコットンパンツは本当に寒い!!冷たい風をバンバン通しますし、保温力も無力に近い印象です。

ウールパンツを履くと分かると思いますが、コットンパンツとは暖かさに雲泥の差があります。

しかし、セットアップのスラックスパンツですとワークブーツに合わせにくいですし、ややカジュアルには向きません。そんなとき、2016年の12月に、FKサイドとミーティングを行ったときに「アメカジ系のブランドは、ウールパンツが本当に少ないんですよね・・・・」っと話をしたところ、今季実現したウールのワークトラウザーズがこちらです。しかも、プライスもなかなか手頃な価格帯です。ある程度ハードに使用しても、スーツ地のようにすぐに破れることはありませんのでラフにも着用できます。お陰様で好評を得ておりまして、残り各色1ペアのみとなっております。

 

 


 

こちらは、「フィッシャーマンズセーターをモチーフにしたクルーネックのセーター」素材は日本国内で紡績したスコットランド産のシェットランドウールを採用。

一度、シェットランドウールのセーターを着ると、手放せなくなります。コットンスエットシャツを起毛しようとも、このウールの保温性には絶対に敵いません。

元々、北欧の極寒の地の漁師さん達が愛用しているセーターですので、耐久性があり、何より湿気や雪、雨にも強く、保温性もピカイチです。仕事中に汗をかいても、保温力の低下を感じさせません。

肝心なデザインについてですが、伝統的なハニカム模様などはそのままに、身頃から袖まで模様が繋がっているSTEVENSON OVERALL CO. 独自のデザインで仕上げています。立体感のある柄の雰囲気は、ヴィンテージを意識した最大の特徴になっています。

 

そして、同じファブリックを使用した「ニットキャップ」

これは本当におすすめいたします。3色展開となっております。

ウールのニットキャップは、汗をかいても保温力の低下を感じさせません。本当に不思議なのですが、ウールは水分や湿気に強いようです。雪山登山でも使用したことがありますが、表面は汗の湿気や水分、そして雪で凍ることもあるのですが、キャップ内部は暖かいままでした。

 


 

HARRIS TWEED バッファローチェックのオリジナルウール生地

18世紀から変わらない古式製法のスコットランド HARRIS TWEED にてバファローチェックの オリジナルウール生地を制作。保温性、耐久性も高く、この生地でジャケットコートも作れるクオリティーと厚みとなっています。

FindersKeepers x BACK BONE FK-G-1 (茶芯) Black Horsehide x Mouton
FindersKeepers x BACK BONE FK-G-1 (茶芯) Black Horsehide x Mouton

 

そんなハリスツイードを贅沢にもライニングに使用した「茶芯ホースハイド仕様のレザージャケット」がこちらです。フライトジャケットG-1をモチーフにしながらも、デザインの変更が随所に見られ、ファッション性を強く感じさせるジャケットとなっています。

FindersKeepers x BACK BONE FK-G-1 (茶芯) Black Horsehide x Mouton
FindersKeepers x BACK BONE FK-G-1 (茶芯) Black Horsehide x Mouton

 

最高ランクのリアルムートンを使用した襟元

 

袖を内リブ式の「カフス仕様」に変更。

 

 

「WEAR TO WARM vol.2」を読む・・・・