YOUR CART LOG IN HOW TO SHOP CONTACT SITEMAP
RSS

WHITE'S BOOTSとは



ワークブーツ界きっての最高峰ブランド「ホワイツブーツ」。
その歴史は古く南北戦争以前のバージニアに始まり、1世紀以上に渡り、今も尚ハンドクラフトにより伝統を守り作られ続けている「MADE IN USA」ブーツブランドである。
厳しい審査により厳選されたレザーのみを使用し、アッパーとインソールはアイリッシュ・リネンと呼ばれる太い糸により熟練工により手で縫い合わされて作られている。これはブーツ内に水による浸透を防ぎ、十分な強度を与えるためである。
またホワイツブーツの特徴でもある「ARCH EASE」製法により長時間歩いても疲れない工夫が土踏まずから踵にかけて施されている。
そして、何よりレザーシャンクとビブラムラグソールを固定する以外は一切ビスが使用されていないのもホワイツブーツの最大の特徴と言える。
まさにWHITE'Sは、「KING OF BOOTS」と呼ぶに相応しいワークブーツメーカー。

当店のアフターサービス


ヒールやソールの交換はもちろん、リビルドに至るまでしっかりと対応させていただきます。
ヒール交換は通常\5,250〜、全ソール張替えは通常\12,600〜となっております。
詳しくはお問い合わせ下さい。

日頃のメンテナンス用品も随時取り揃えていますので安心してご購入下さい。

納期・品質


オーダーメイドの場合、通常納期は1〜2ヶ月程度ですが、工場の混み具合等により多少前後する事も御座います。
また年代物の機械による"ハンドクラフト"での製作ですので、左右の違い、小さな小傷、僅かなステッチワークのゆがみ等がある場合も御座いますが、職人によるハンドクラフト製品という性質上クレーム等は一切お受けいたしませんので予めご了承下さい。
(不良品を納品することは絶対にありませんのでご安心下さい)

WHITE'Sブーツのメンテナンス


−オイルを入れる時期−
WHITE'Sブーツのレザー部分には、新品の状態で既に充分なオイルが浸透しています。
しかし、末永く最良のコンディションでご愛用頂くためには、定期的なオイルメンテナンスが必要不可欠です。
オイルを入れる時期として、
■ 履きこんでいくにつれ少しずつレザーからオイル分が抜け、乾燥した手触りになったとき。
■ 雨等で水分を多く含んでしまったとき。
注)陰干しをし、完全に乾燥をする直前にオイルを入れて下さい。
■ 長い期間保管する前や、長期間保管した後ご使用になる前に。

−オイルを入れる前に−
まず、ブーツ全体の汚れをブラシ、軽く湿らせた布などで取り除きます。レザー専用シャンプー等を使用してもよいでしょう。
汚れを取り除かずにオイルを入れてしまうと、汚れを閉じ込めてしまいレザーを劣化させてしまう恐れがあります。
その後適量のオイルを手に取り、ブーツ全体によく馴染ませていきます。

−WHITE'Sオリジナルオイルの使用方法−

■ WHITE'S 純正液状オイル
汚れを取り除いた後、最初に塗るのがこの"液状オイル"です。レザーに深く浸透し、下地を作ります。
■ WHITE'S 純正ゼリー状オイル
"純正液状オイル"を塗った後、このオイルで全体を保護してください。防水効果も得られます