YOUR CART LOG IN HOW TO SHOP CONTACT SITEMAP
RSS

STEVENSON OVERALL CO. Sun Valley - SV1 Sulfur Floral Printed Gauze Turquoise Blue

STEVENSON OVERALL CO. 2018SS Sun Valley Shirt

STEVENSON OVERALL CO. "SPRING & SUMMER 2018"


Style:
1950年代にその隆盛を極めたオープンカラーシャツは、戦後の好景気とリゾートカルチャーの発達によって、生み出されたスタイルです。ボックス型のカッティングもその特徴で、このモデルでは貝ボタンを使うなど、高級感のある雰囲気に仕上げています。ハワイアンシャツやボウリングシャツのような感覚とも通じるデザインです。

Fabric:
クラシカルなフラワー柄をプリントした生地だけでは主張が強いため、そこにウォッシュ加工を施すことによって、コットン・ハワイアンシャツのような風合いを楽しめます。


Style:
The open-collar shirt design, which reached their peak in popularity during the 1950s, was created by the resort culture in the economically booming post-war era. Made with a box-type cutting technique and original shell buttons, this shirt can be worn similarly as Aloha shirts and bowling shirts.

Fabric:
Applying a wash to the classical flower pattern print produces a vintage-style cotton Aloha shirt look.

Fabric: Floral Printed Gauze (Cotton 100%)


STEVENSON OVERALL CO. Sun Valley - SV1 Sulfur Floral Printed Gauze Turquoise Blue

価格:

26,784円 (税込)

[ポイント還元 267ポイント〜]
購入数: piece

size

在庫

購入

S

M

L

SOLD

SOLD 在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

MODEL SIZE M 着用 (177cm 70kg West 31 ) 
size S 肩幅44 身幅 (脇)54 身幅 (胴)53 着丈70 袖丈21cm
size M 肩幅45 身幅 (脇)56 身幅 (胴)55 着丈72 袖丈21.5cm
size L 肩幅48 身幅 (脇)57 身幅 (胴)56 着丈74 袖丈22cm
商品の特性上、一点一点微妙なサイズの違い、表情の違いが御座います事を予めご了承ください。
サイズ計測はすべて平置きで計測されております。




MODEL SIZE M (177cm 70kg West 31) 
size S shoulders 44/ width (bust)54 / width (waist) 53 / length 70/ sleeve 22cm
size M shoulders 45 / width (bust) 56 / width (waist) 55/ length 72/ sleeve 21.5cm
size L shoulders 47 width (bust) 57 width (waist) 56 length 74 sleeve 22cm






【STEVENSON OVERALL CO.】
(スティーブンソンオーバーオールズ)


Dr. DENIMの異名を持つ【HTC】の代表兼デザイナー Zip Stevenson と 多賀谷強守 の運命と言える一つの出会いからはじまったスティーブンソンオーバーオールズ。1930年代にアメリカ・インディアナ州に良質なワークウェアを生産していた小さな工場がありました。世界恐慌の煽りを受け閉鎖したこの工場のモノ作りに対するこだわりと存在を知り、経営者であった親族にも偶然にも会う機会がありました。そしてこの工場の名前とジップのラストネームが同名であったことから「STEVENSON OVERALL CO.」として新たに2005年にスタート。

ブランド創立時は二人が最も得意とするデニムパンツとベルトの製作から始めました。デニムパンツを作る上でどうしても再現したかったのが1920年代以前の縫製仕様である「一本針の折伏せ縫い」。決して合理的でないこの生産工程で定番として継続し続ける理由はブランド創立時から一貫している手作業による独特の味わいに対するこだわりにあります。

製作するアイテムは現在では忘れ去られたデザインやディテールワークなどヴィンテージクロージングから多くインスピレーションを受けていますが、「古くて新しい、モダンでありながら普遍的」という相反する要素を併せ持った現代の衣服として再構築しています。


ページトップへ