YOUR CART LOG IN HOW TO SHOP CONTACT SITEMAP
RSS
新規会員登録

STEVENSON OVERALL CO. Commander lot. 202 Utility Trouser Natural


STEVENSON OVERALL CO. 2017 Spiring & Summer



Style:
WW2のユーティリティトラウザーをモチーフに、シンプルで完成されたデザインはそのままに、タウンユース向けにシルエットを見直すことによってモダナイズしたモデルになります。コーディネイトを選ばないスタンダードなアイテムとして活躍するシンプルなパンツに仕上がっています。しっかりとした素材感のヘリンボーンツイルを採用しながらも、ウォッシュ加工を施すことによって、ユーズド感のある風合いにしています。またウォッシュすることによって、ヘリンボーンの粗野感がより強調されています。Herringbone Twill (Cotton 100%) made in Japan


177cm/ 70kg size 31 着用
(cm size)
size 29 ウエスト 78/ 股上 27.5/ 股下 83/ ワタリ 30.5/ すそ幅 22
size 30 ウエスト 80/ 股上 28/ 股下 83/ ワタリ 31.5/ すそ幅 22
size 31 ウエスト 84/ 股上 28.5/ 股下 83/ ワタリ 32/ すそ幅 22.5
size 32 ウエスト 87/ 股上 29/ 股下 84/ ワタリ 32.5/ すそ幅 22.5




Style:
Based on a WW2 utility trouser, this modernized model features a completely reworked silhouette and simple design. The simple design lets you pair them with all types of styles.

Fabric:
Made with a Herringbone twill fabric, the distressed wash creates a vintage feel. Also the texture of the Herringbone twill fabric is further accentuated thanks to the distressed wash.


made in Japan
Fabric: Herringbone Twill (Cotton 100%)

177cm/ 70kg model wear a size 31
5.8 ft/154 lb model wear a size 31

(cm size)
size 29 / waist 78 rise 27.5 inseam 83 thigh 30.5 end 22
size 30 / waist 80 rise 28 inseam 83 thigh 31.5 end 22
size 31 / waist 84 rise 28.5 inseam 83 thigh 32 end 22.5
size 32 / waist 88 rise 29 inseam 84 thigh 32.5 end 22.5


STEVENSON OVERALL CO. Commander lot. 202 Utility Trouser Natural

価格:

25,704円 (税込)

[ポイント還元 257ポイント〜]
購入数: pr

size

在庫

購入

29

SOLD

SOLD 在庫切れ

30

31

32

SOLD

SOLD 在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ




STEVENSON OVERALL CO. 2014SS LOGO

【STEVENSON OVERALL CO.】
(スティーブンソンオーバーオールズ)


Dr. DENIMの異名を持つ【HTC】の代表兼デザイナー Zip Stevenson と 多賀谷強守 の運命と言える一つの出会いからはじまったスティーブンソンオーバーオールズ。1930年代にアメリカ・インディアナ州に良質なワークウェアを生産していた小さな工場がありました。世界恐慌の煽りを受け閉鎖したこの工場のモノ作りに対するこだわりと存在を知り、経営者であった親族にも偶然にも会う機会がありました。そしてこの工場の名前とジップのラストネームが同名であったことから「STEVENSON OVERALL CO.」として新たに2005年にスタート。

ブランド創立時は二人が最も得意とするデニムパンツとベルトの製作から始めました。デニムパンツを作る上でどうしても再現したかったのが1920年代以前の縫製仕様である「一本針の折伏せ縫い」。決して合理的でないこの生産工程で定番として継続し続ける理由はブランド創立時から一貫している手作業による独特の味わいに対するこだわりにあります。

製作するアイテムは現在では忘れ去られたデザインやディテールワークなどヴィンテージクロージングから多くインスピレーションを受けていますが、「古くて新しい、モダンでありながら普遍的」という相反する要素を併せ持った現代の衣服として再構築しています。


ページトップへ