YOUR CART LOG IN HOW TO SHOP CONTACT SITEMAP
RSS

WESCOブーツのメンテナンス


−オイルを入れる時期−
WESCOブーツのレザー部分には、新品の状態で既に充分なオイルが浸透しています。
しかし、末永く最良のコンディションでご愛用頂くためには、定期的なオイルメンテナンスが必要不可欠です。
オイルを入れる時期として、
■ 履きこんでいくにつれ少しずつレザーからオイル分が抜け、乾燥した手触りになったとき。
■ 雨等で水分を多く含んでしまったとき。
注)陰干しをし、完全に乾燥をする直前にオイルを入れて下さい。
■ 長い期間保管する前や、長期間保管した後ご使用になる前に。

−オイルを入れる前に−
まず、ブーツ全体の汚れをブラシ、軽く湿らせた布などで取り除きます。レザー専用シャンプー等を使用してもよいでしょう。
汚れを取り除かずにオイルを入れてしまうと、汚れを閉じ込めてしまいレザーを劣化させてしまう恐れがあります。
その後適量のオイルを手に取り、ブーツ全体によく馴染ませていきます。

−WESCOオリジナルオイルの使用方法−

■ WESCO BEE OIL
汚れを取り除いた後、最初に塗るのがこの"Bee Oil"です。レザーに深く浸透し、下地を作ります。(Black Nautilusには適しません)
■ WESCO BEE SEAL PLUS
"Bee oil"を塗った後、このオイルで全体を保護してください。防水効果も得られます。(Black Nautilusには適しません)
■ Bee Natural Leathercare (Mink Oil Cream)
ブーツを 長期間保管する前に、または保管した後等に使用します。レザーに柔軟性を与えてくれます。
■ WESCO SILICONE PROTECTANT 主にBKFレザー(防火・防水革)に使用するオイルです。高い防水効果が得られます。もちろん他のレザーにもご使用頂けます。